メニュー 閉じる

はっぱふみふみ

昔のこと。(即出かな?)

昔、神戸に友達を訪ねて友達3人で遊びに行った時のこと。大震災が起こる2、3年前の話。

どういう交通機関を使っていったのか(高速バス→電車??)全く覚えてないんだけど、友達が迎えに来てくれることになっていた西ノ宮駅に朝早い時間に着いた。

でもまだ神戸の友達は着いてなかったから、長野の友達とその辺をブラブラしてたら、おじさんが話しかけてきた。(今思い出せばホームレスさんだった?)

なぜか全く警戒心が沸かなかった私は、おじさんに聞かれるままに、長野から来たことや神戸の友達を訪ねてきたことを話した。

おじさんは使えるのか分からない美術館のチケットをくれて、本当かどうかよく分からない話(「ここにもあそこにも俺の知り合いがいるんだ」とかそういうヤツ)を話しながら駅の周りを案内してくれた。

そしておじさんが「俺の知ってる占いの店に連れてってやる」と言い、私がもう待ち合わせ場所に戻ろうか迷っていると、神戸の友達が血相変えて迎えに来てくれた。

そして「知らない人について行っちゃダメ!!」と子供のように怒られた。

やっぱり危険だったんだろうか?

神戸で思い出すのは、そのおじさんのことと、ファミレスで初めて食べたナタデココ。

異人館とか案内してくれたのに、そんなでごめんなさい。 (173)”

Posted in ぎしこの思考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top