08

ぎっこ、財布を拾う

この間クニオを車で送った時のことです。
もうちょっとで送り先に着くというところで、クニオが道に落ちている財布を見つけました。
すぐに財布を拾いに車を降りたのですが、落としたらしき人が見当たらない。
クニオはその後仕事だったので、私が代わりに交番に届けることに。

近くの交番に行くと、3人警察官の方がいらして、1人が対応に出てくれました。
座るところがあるのになぜかパイプイスを持ってきて「座って」という彼。
その時点で「?」だったのだけれど、、、

彼に財布を渡すと、現金をまず全部出し、その後カード挿しに挿してあるカードをゴミのような扱いで全部引き出しました。
彼 「もうないかなー?(ガサガサガサ)」
・・・おいおい、、いくら人のだからって、もうちょっと丁寧に扱えよ・・・

私が閉口していると、その中から落とし主の免許証と名刺を見つけ上機嫌。
彼「落とした人の名前も勤め先もわかっちゃったよ〜」
・・・ひとり言か?・・・

早速落とし主に電話をかける彼。落とし主は不在だったため、連絡を待つことに。
その後歯医者だったので早く調書(?)を取ってもらい、帰りたい私。

彼 「えーっと、じゃぁまずどこで拾ったの?」
私 「八十○銀行の前辺りの、道の真ん中に落ちてました」
彼 「いつ拾ったの」
私 「2時20分過ぎくらいですかね」
彼 「んじゃ2時でいいね」
・・・?!いいのか?!・・・
私 「2時20分は過ぎてましたけど・・」
彼 「そ?じゃぁ2時20分でいいか」
・・・時間言ってるんだからその通りに書けよ・・・
彼 「それじゃ中身の確認をして下さい」
・・・して下さい?一緒にしましょうという意味だよね、たぶん・・・
彼「(書類に記入しながら)えーと、5000円札がX枚、1000円札がX枚、500円玉がX枚、、、全部でいくら?
・・・は?全部でいくらじゃねーよ、おまえが数えろよ。っつーか見ればわかるだろ・・・
私「(そうはいっても)XXXXX円ですかね」
彼「そうだね、間違いないね」
・・・なんかむかつくぜ(怒)・・・
彼「じゃぁカード類見ますか。えーっと、T○TAYAカード、出○のガソリンカード、、φ(..)カキカキ」
・・・おい!会員カードだらけなのに全部書く気か?!クレジットカードだけにしてよ〜・・・
彼「(自分の知らないカードを見つけ)ん〜、何だこれは、、その他X枚・・φ(..)カキカキ」
・・・おい!じゃぁ最初からそうしろよ!!っつーか全部『その他』のカードだろっ・・・
私「(さすがに)あのー、、、時間かかりますか・・?」
彼「あー、すぐ終わりますよ。じゃぁさ、俺書類書いてるから、カード元に戻してくれる?
私「は?(目が点)」
・・・おまえがきったなく出してくれたカードを、私に全部戻せと?!(怒)・・・
彼「まーいーや、札入れのとこ突っ込んどいて」
・・・!!!(怒)・・・


ハッキリ言ってめまいがしました。
この人に地区の安全を任せているのかと・・!
お財布ひとつ丁寧に扱えない人に人の気持ちがわかるのでしょうか。(ちょっと大げさ?)
大人なので怒りをぶつけたりはしませんでしたが、この交番に財布は届けまいと思いました。
でも、帰りに「失礼しました」と交番を出ようとすると、あとの2人の警官の方が
「ありがとうございました」と声をかけて下さいました。
振り向くと優しい笑顔が。
無神経なのはきっとヤツだけに違いない。
そう思い直し交番を後にしました。

思えば私はおまわりさん運が悪いのか?
前に善光寺の交番の前で、知らずに思いっきり一方通行を無視して捕まった時も、
転属したてのハリキリ君にたっぷり絞られました。
後ろでだいぶ年配のおまわりさんが「そのくらいにしといてやれよ」と言ってくれたのに
ぜんぜん手加減ナッシングのハリキリ君でした。
しかし今回は良いことをしたのだ。なのにぃ、なぜぇ????(涙)

2002.10.08

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>